ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

ビーチファイヤー

 

 

 

 

 

海外に出てみると、色々な国の人々と出会う機会がある。

色々な国の人々と出会う機会がある!という事は、他の国の文化に触れる機会があるという事にもなるのだけれども、Working Holidayで1年近く1つの国に住むとなると、旅とはまた違った形で刺激を受ける事が多い。

 

僕はNapierという街に住んでいたんだけど、僕が住んでいた宿の目の前がビーチになっていた。

 

そこのビーチは砂浜のビーチではなく黒い小石があるビーチ。
週末の夜ともなると、一緒の宿に住んでいる奴らと一緒にビーチに繰り出す。

普段なら天気のいい日にビーチに出かけたりするのが一般的かもしれないけど、
僕達は、夜になるとビーチへと繰り出す。

そして、ビーチに打ち上げられた枯れ木を拾い集めてファイヤー。

img_0344

 

 

 

みんなで火を囲み、波の音に耳を傾けながらゆっくりとした時間を過ごす。

ココでの遊び方は至ってシンプル。

誰かがギターを片手に歌い出したり、スピーカーを持って来て音楽を聴いたり、

静寂の夜の海を見ながら、思い思いの時間を過ごす。

img_0348

 

 

 

海外の奴らは基本的に自由な奴らが多い。

みんなで火を囲みながらゆっくりとしていても、
眠くなったら眠りに宿に戻るし、クラブに行く奴は勝手にクラブに行く。

この自由な感じが僕には合っている。

 

誰かに気を使って、この場にいなきゃいけない!

そんな日本独特の雰囲気はこの場に無いからだ。

ただ、やっぱり海外の奴らは基本的にアホな人が多い。(良い意味でのアホ。)

夜のビーチともなるとかなり寒いのに、『やべ〜、海に入りたくなって来たぜ!』

とか言って、パンツ一丁になって真っ暗な海の中に飛び込んで行く奴らがいる。

何をどう間違えたら夜の寒い海に入りたくなるのか理解出来ない。

だって、寒いんだよ。

 

それに、この海はいきなり深くなっていたりするから基本的に遊泳禁止で、
結構な数の人が、この海で泳いだばっかりに亡くなっている。

そんな事を言っていても、結局こういう事になる。

img_0362

 

 

安心して下さい、はいてますよ。

 

おしまい。

 

 

 

 

-ニュージーランド