ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

アルゼンチン

やっぱり田舎はいいなと思う

 

100人いれば100人の個性があるように、個性を形成するのは環境によって左右される。というのが僕個人の考えです。

特に、子供時代にどんな環境で過ごすのか?というのが個性を形成する上で大きく影響を与える事は皆さんもご存知の通りだと思う。

自分に子供が出来たら.....
果たしてどんな場所で子供を育てるのがいいのかな.... そんな事を考えさせられたお話。

 

2016年も12月に突入し、南半球であるアルゼンチンは暑い!とにかく暑い!!
でも場所によっては、標高も周りを取り囲む環境も違うため、移動を重ねる度に、Tシャツ姿からダウン姿になったり、またTシャツ姿になったりと大忙しなんです。

そしてココ、El Bolsonは暑い!

午前中はまだ涼しいけれど、お昼過ぎの時間帯に外を歩いたら汗が滝のように流れてくる!
そう滝のように!!

滝か.... そうだ、滝にでも行って涼むとするか!
ちょっとコンビニでも行くか!そんなノリで滝に行く事にしました。

 

僕の宿から歩いて1時間30分ほどの場所にある『Cascada Escondida』に滝があるそうなので、宿で行き方を教えてもらい行く事に。

 

 

 

宿のスタッフ曰く、宿から高速道路まで歩いてバリローチェ方面に進むと墓地の看板が出てくるからまずはそこまで歩け!との事。

スペイン語で墓地は『Cementerio』らしいので、その看板を目指して歩く。

すると、お目当ての墓地の看板へとやって来る事ができた。

img_6737

 

 

 

ここまでは順調に教えてもらえた通り進むことが出来ている。
そして、宿のスタッフ曰く、墓地の看板の裏手側に大きな木があって、そこに赤色の目印が書いてあるからそこから山の中を歩くと滝に着くと言っていたので、大きな木と赤色の目印を探す事にした。

でも、全然見つからない。
大きな木も無ければ、赤色の目印も見つけることが出来ない。

いったいどこなんだよ..... 困ったな.....
と、その時、偶然にも1台の車が通りかかった。

スペイン語なんて全く話せないけど、でもここは車を停めて道を聞くしかない。

地図を片手にこの場所へ行きたい!という事を伝えると、車を停めた所から20mほど離れた場所から行けるよ!との事だった。

でも、大きな木もないし赤色の目印もないんだけどな....
なんて思っていたけど、自分が出来る最大限の細目をして見てみると確かにあった。

img_6739

 

 

 

写真の左側に細長い木が立っているのが分かるだろうか?
その木の真ん中よりちょっと下を目を凝らしてみて見ると、確かに赤い目印がある。

img_6758

 

 

 

分かりづらっ!こんな目印なんて地元民しか分からんやろ!(笑)

まぁ、とりあえず滝への入り口も分かった事だし、山の中を歩いていく事に。

img_6740

img_6743

 

 

 

山の中は道を間違えないように目印が至る所に設置されていた。

img_6741

 

 

 

そして、山の中を30分ほど歩いていると、まさか!まさかの!

img_6757

 

 

 

メスクワガタが地面をテクテク歩いてる!
めちゃくちゃ懐かしい!クワガタなんて小学校以来見てないよ。って事は、今から20年前...
マジか.... もうそんな歳をとっていたなんてショックだな。

メスクワガタを発見して興奮したのと同じくらい、自分の年齢にビックリした自分がいた。

うん。今のは無かった事にしよう。年齢なんてクソくらえだ!
こんなもの!思いっ切り投げてやる!ビューーーーン!

アルゼンチンのど田舎に僕の年齢を置いてきました。見つけた方は、焦らず。驚かず、そっと素通りして下さい。

 

そんな事もありましたが無事に滝に着く事ができた。

img_6749

 

 

 

滝を見ながら火照った身体を癒す。なんて気持ちいんだろう。
やっぱり、暑い日に行く滝は最高だな。

とは言え、滝を見ながら涼むことが出来たけど、自分の年齢を考えさせられた瞬間が一番ココロも身体も冷え込んだのはココだけの話。

 

滝を存分に満足した後に、食材を買いにいくためにEl Bolsonの町に行く事にした。
でも、ここから5kmほど歩かなきゃ行けない。

暑いしなー。バス乗り場まで行くのも面倒だしなー。
って事で、ヒッチハイクをする事にした。

ヒッチハイク開始1分。幸運な事に1台の車が停まってくれた。
もちろん、スペイン語が話せないので、地図を見せながらセントロ(中心)までいきたい!って事を伝えると、心優しく乗車させてくれた。

南米で初めてのヒッチハイクは、10分ほどの短い時間だったけど、おっちゃんの優しい心に触れる事ができた。

img_0826

 

 

 

やっぱり田舎の人は都会の人より人に優しい。
そんな事を言ったら都会の人に反感を買いそうな気もするけど、全体的な割合として間違いなく田舎の人が優しいと感じる。

別にアルゼンチンに限った話ではなく、世界的にそうだと思う。

豊かな自然、地域とのつながり、近所付き合い、色んな要素がかみ合って人に優しい人達が多いのかどうかは分からない。

でも、もし自分に子供が出来たら.... ふとそんな事を考えると、田舎でのびのびと育ててあげたいな!と考えてしまう。

 

いや!その前に彼女をつくらなければいけないのか.....

 

 

 

おしまい。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

頑張って彼女を作って!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

-アルゼンチン