ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

見所満載のケトリンズ・コースト後編

2016/10/25

 

ケトリンズ・コースト最大の見所言えば、この場所になるのではないでしょうか?
そう、皆さんご存知じゃない『カセドラル・ケーブ』

カセドラルとは、英語で”大聖堂”という意味。ケーブが洞窟という意味なので、大聖堂のように見える洞窟って事になるんです。

 

この場所は、海沿いにあるので干潮時にしか見る事が出来ません。
もし、行かれる方は干潮の時間を調べて行きましょう。
満潮時でも行けるかもしれませんが、満潮時に行く場合は荒波に注意して泳いできましょう。もちろん自己責任でお願いします。ペコリ。

 

この日の干潮時間は19:50分。でもゲートは18:00から開くみたいだったので18:00の1番目を狙って行ってきました。

img_4559

 

 

 

1番最初なんで、人が誰もいない。
人がいないと、他の人を気にせずに写真撮り放題なんで1番のりをオススメします。

img_4566

img_4571

 

 

 

さっきまで海がこの辺まできていたのが分かる。
歩いている時も、場所によっては湿っていたりまだ海水が残っていたりする。

そんなビーチを更に、奥に進むと自然が造り出した大きな入り口にでくわす。

img_4576

img_4583

img_4597

 

 

 

まさに、大聖堂という名にふさわし巨大な空間が目の前に広がる。
想像以上に大きい。でも、中は暗く静かな空間になっていて怖さを感じる。

こういった場所は、外から見たり写真を撮れるだけ!という場所が多い中、このカセドラル・ケーブは実際に中に入る事が出来る。

ケトリンズ・コーストに訪れた際は、是非とも干潮時間を調べて訪れて欲しい場所です。

 

次の日に、訪れた場所は『Purakaunui Falls』と呼ばれる場所でケトリンズ・コーストで一番大きく綺麗な滝を見る事が出来る。

img_4619

 

 

 

やっぱり滝はいいもんですね。
見てるだけで、心が癒されちゃいますからね。

 

そして、ケトリンズ・コースト最後の見所はこちら『Nugget Point』
1869年に建てられたニュージーランドで最も古い灯台がこの場所にはある。

img_4655

 

 

 

灯台の近くまで行くと、目の前には大小様々な岩を見下ろす事が出来る。

img_4657

 

 

 

この他にも小さい見所やウォーキングトラックがたくさん設けられているケトリンズ・コースト。
自分なりのケトリンズ・コーストのモデルプランを作ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

おまけの写真

・駐車場からカセドラル・ケーブへ行く道中はちょっぴりジャングルちっく。

img_4611

 

 

 

・たま〜に見かける顔が黒い羊。全部が白い羊とは品種が違うらしい。

img_4642

 

 

 

・ふと、車を停めてみれば目の間には美しい景色。

img_4622

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

-ニュージーランド