ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

アルゼンチン

フィッツ・ロイとセロ・トーレを同時に見ちゃう欲張りトレッキングコース

2016/12/06

 

○○と言えば、ココだ!のように、シンボルとなっている場所は星の数ほど存在している。
今回、僕が訪れたパタゴニア地方のEl Chalten (エル・チャルテン)にもシンボルとなっている場所がある。

それは、『フィッツ・ロイ』と呼ばれる山なのだ。

この美しいシルエットを一目見ようと、世界中の人々が訪れる山なんです。

その美しい山を間近で見る事が出来るトレッキングコースが1番人気のトレッキングコースなんですが、今日はそのコースを歩かずに、長年エル・チャルテンに住んでいる宿のオーナーおすすめのトレッキングコースへと行って来たお話。

 

エル・チャルテンには、フィッツ・ロイ以外に、もう1つ有名な山があるんです。その山というのが『Cerro Torre (セロ・トーレ)』と呼ばれる山。

エル・チャルテンの有名なトレッキングコースと言えば、フィッツ・ロイを間近で見る事が出来るトレッキングコースでもある『Laguna de los Tres』と、セロ・トーレを間近で見る事が出来るトレッキングコースの『Mirador Maestri』の2つのコースが鉄板コース。

でも、この2つのコースは間近でフィッツ・ロイやセロ・トーレを見る事が出来る代わりに、2つの山を同時に見る事は地理的に難しいんです。

 

でも、あえて少し離れた場所から見る事で2つの山を同時に見る事が出来るトレッキングコースがあるんです。

そのコースというのが、宿のオーナーがおすすめしてくれた『Loma del Pliegue Tumbado』のコース。

 

エル・チャルテンの町から片道3時間で行く事が出来る!という事なので、早速行ってみる事にした。

 

エル・チャルテンの町に入る際に、簡単な説明を受ける施設の横にちょうどトレッキングコースが用意されていた。

img_6660

 

 

 

細かいトレッキングコースが記載された地図はなく、インフォメーションセンターでもらった地図を片手に歩いていくことに。

今日の天気は晴天。多少風は強いものの、いいスピードで山道を上っていく。
このスピードなら3時間もかからずに上れそうだな!なんて調子に乗って上っていたら、道を間違えていたらしく、他のビューポイントへとたどり着いてしまった。

img_6609

img_6610

 

 

 

ココはどこだ?!なんて思っていたけど、結果オーライでしょ!綺麗なフィッツ・ロイとエルチャルテンの町並みを見下ろす事が出来るいいビューポイントだったからね!

ちなみに、このビューポイントは『Mirador de las Aguilas』と呼ばれるビューポイントで、地球の歩き方にも載っていて、往復1時間30分くらいかかります!って書かれてたけど、20分で上ってきた俺ってなに?(笑)

綺麗なフィッツ・ロイも見れたし、気を取り直して来た道を戻る事に。

すると、ちゃんと分かれ道の看板出てるやん!自分の方向音痴っぷりにビビるわ!

img_6616

 

 

 

気を取り直して歩くと、いい感じに景色の変化があるから歩いても全く飽きない。

img_6620

img_6624

img_6626

 

 

 

歩いている途中にも、右手にチラチラと顔を出してくれるフィッツ・ロイ。
どんどん、フィッツ・ロイとの距離感も近くなって来て、こっちのテンションも上がるぜ。

img_6628

 

 

 

テンション上がって、歩くペースが早かったのか3時間の片道コースを2時間で上りきった。
すると、目の前に綺麗な景色が飛び込んで来た。

img_6640

 

 

 

ガッツリとした雲で覆われているのがセロ・トーレ。その右下に見える湖がLaguna Torreに、右側に見える独特のシルエットがフィッツ・ロイ。

厚い雲に覆われている為、セロ・トーレが全く見えない。残念。

でも、ココからの眺めはホントにキレイだった。

img_6646

 

 

 

火照っていた身体も山の気温に冷やされ寒くなってきたので、下山しようかと思っていたら、更に上にある山から人が降りてくるではありませんか。

でも、インフォメーションセンターから貰った地図には、更に上の山の事は書いていない。

でも気になる。そっちの方が景色がいいのかな?

悩んだらGo!!がモットーなので、上る事に決定!

img_6659

 

 

 

しかし、これがマジできつかった。途中から急斜面っぷりがハンパなくて、何度断念しようかと悩んだことか.....

でも、ここまで上ったのに降りるのはなぁ.....
そんな自問自答を繰り返しながら、なんとか頂上まで上りきった。

 

さっきのビューポイントよりも高さがあるから、上から見下ろすような形でフィッツ・ロイを見る事ができた。

img_6653

 

 

 

さらに、周りに遮るものが何もないから360°のパノラマで景色を楽しむ事が出来る。

img_6656

 

 

 

でも、相変わらずセロ・トーレは厚い雲に覆われていて見る事ができない。
さらに、雲行きも怪しくなってきて小雨が降り出して来た。

長居は無用だ。降りる事にしよう。

img_6650

 

 

 

結果的に、セロ・トーレを見る事が出来なかった。
でも、セロ・トーレに雲がかかっていなかったら間違いなく素晴らしい景色だったと思う。

地元人でもある宿のオーナーがおすすめするのも十分に納得出来る。

山の天気はさっきまで晴れていたと思っていても、数分後には雲に覆われたり雨が降ったりすることは日常茶飯事だ。

今回、セロ・トーレを見る事は出来なかったけど、綺麗なフィッツ・ロイを見る事は出来た。

 

もし、エル・チャルテンに数泊出来る時間がある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

おしまい。

 

 

おまけの写真

・エル・カラファテからエル・チャルテンへの移動のバス。キレイなフィッツ・ロイ。

img_6601

 

 

 

・何度見ても綺麗なフィッツ・ロイのシルエット。

img_6604

 

 

 

・フィッツ・ロイの拠点の町でもあるエル・チャルテン。後方にはフィッツ・ロイ (俺はどれだけフィッツ・ロイの事が好きなんだよww)

img_6606

 

 

 

・これは何を禁止している看板なのか....

img_6663

 

 

 

おわり。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

-アルゼンチン