ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

時代が時代なら、ムチ打ちの刑ですよ

2016/09/25

 

日々が過ぎるのは早いもんで、もう5月も終わり。

この前、年越しのカウントダウンをしたつもりが、

2016年も折り返し地点を向かえようとしているわけなんですけど、

本気と書いてマジでブログ更新をちゃんとしようと思います。

 

 

一応、2016年の目標の中にブログをリアルタイムに追いつかせる!

ってのを掲げているので、いい加減やります。

見てて下さい。

僕の本気を!!(笑)

 

 

 

という事で、いきなり長文のブログを長々と書く体力も無いので、

何事も少しずつ右肩上がりに進めて行くのがいいわけで、

別にいまブログを書いているにも関わらず、

 

ブログ書くの面倒くさいなーとか、

 

過去の事過ぎて記憶が曖昧だなーとか、

 

ブログランキングが底辺過ぎてやる気がおきないなーとか、

 

そんな事は1ミリも思ってません!

 

 

何事もstep by stepでやっていかんとダメとです!!

ねっ!!!

 

 

 

という事で、今日はニュージーランドのスーパーマーケットでの出来事でも。

 

 

ニュージーランドに着いて間もない頃、スーパーマーケットの野菜とか果物を売っているコーナーで、年の頃は、7歳くらいの兄弟が仲良くバナナとリンゴを食べてたんです。

 

 

弟は両手にしっかりとリンゴを持ちながら噛み付くように食べていて、

あー、なんかほのぼのしていい光景だなーなんて、

縁側で緑茶をすすりながら日向ぼっこしているおばあちゃんの心境でその光景を見てたんです。

 

 

でもね。

よくよく考えてみると、まだレジでお会計を済ませていない。

って事は、フルーツ食べたらあかんやん!

 

食べたらあっかん〜

 

食べたらあっかん〜

 

って、天童よしみののど飴CMが頭の中を過ったりしたんだけど、そんな事はどーでも良くて、あかんわけ。

 

 

つーか、親は何をやっているんだ!と。

もしかして、気づいていないのか?!とか思って親を見ると、その事には気にも留めない様子でお買い物を続けている。

 

 

 

( ´ー`)フゥー...

 

困りますよお客さん。

 

内の商品はねー、拘りに拘って仕入れているんですからねー。

ちゃんとしっかり子供に言い聞かせて下さいよー

 

今が貧困と飢餓に苦しんでいる中世のヨーロッパ時代なら、ムチで何回も背中を叩かれ、オカンが子供をかばって更にムチで打たれ悪徳の警察官に、この件をチャラにして欲しかったら俺の言う事をなんでも聞く事だなー

 

ヒャッヒャッヒャッ

 

みたいなシチュエーションになっちゃいますよ!

 

って、思ってたんですけど、今の世の中は昔とは違ってステキな時代になってました。

img_0062

 

 

 

 

子供のために無料のフルーツが置いてある時代です。

 

日本もこういうのやればいいのになー

 

ポイントはお菓子じゃなくてフルーツって所がいいよね。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

-ニュージーランド