ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

ホビット村で映画の世界に入り込む

2016/12/06

 

映画が作り出すファンタジーは、小さな子供から大人まで楽しむ事が出来る世界感が表現されている。
小さな子供であれば、こんな世界が広がっているんだ!というワクワク、ドキドキな冒険に心を躍らせるだろうし、大人であれば小さい頃に持っていたワクワク、ドキドキ感を思い出させてくれる。

今日は、世界でブームを起こした映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の撮影に使われたホビット村へと行って来たお話。

img_5478

 

 

 

映画の撮影はニュージーランド各地で行われたましたが、映画撮影終了後はニュージーランドの自然環境を壊さないためにロケ地は全て元に復元されたました。

でも、このホビットンは個人所有の牧場でホビットの家のいくらのか入り口や建物が残されているんです。

普段、ツアーに参加する事はほとんどないんですが、ホビット村を見て回るにはツアーに参加するしかないので、10人程のツアー客と一緒にホビット村の中を見て回る事に。

 

ホビット村の中を歩いていると、まずこの場所に到着。
フロドとガンダルフが再会するシーンで使われた場所。

img_5480

 

 

 

この場所を過ぎると、ホビットが住んでいた家がお出迎えをしてくれます。

img_5484

img_5493

img_5504

img_5528

 

 

 

その他にも、細かい物までしっかりと作られていて、ホビットサイズの薪を置いている場所があったりします。

img_5496

img_5509

img_5538

 

 

 

写真で見ると大きさが伝わらないかと思いますが、僕が写り込むとこの通り。
ちゃんと、ホビットの大きさに合わせたサイズになっているんです。

img_5511

 

 

 

そして、こちらがフロドと仲良しのサムの家。

img_5549

 

 

 

自分が見ていた映画と全く同じ物が目の前に出てくると興奮しちゃいますね。
他にも、ホビットの酒場があったり、

img_5570

img_5572

 

 

 

ホビットの掲示板があったり、

img_5559

 

 

 

大きな水車と石造りの橋があったり、

img_5564

 

 

 

と、見て回るだけでも楽しい場所になっています。
実際に、この場所にホビットが生活をしていたんです!と言われたら信じてしまいそうなほど、ホビットが生活しているような雰囲気が伝わってくるんです。

ホビット村を訪れる際は、ロード・オブ・ザ・リングの第一話でもある”旅の仲間”だけでも見て訪れる事をオススメします。

 

やっぱり、映画で見た世界が広がっていると興奮しちゃいますからね。

 

 

 

おまけの写真

・何気なくホビット村を歩いているだけでも、ついつい写真を撮っちゃうんです。

img_5507

img_5527

img_5542

img_5550

img_5556

img_5582

 

 

 

・ホビット村がある町Matamata(マタマタ)の観光案内所(i site)もホビットの建物作りに

img_5590

img_5594

 

 

 

・マタマタの町から車で45分の場所にある町パエロア。
この場所は、ニュージーランド発祥の炭酸ジュース『L&P』発祥の地なんです。

img_5599

 

 

 

 

・パエロアにあるL&Pのカフェにはココでしか食べる事の出来ないアイスクリームもあるよ。マタマタまで行ったら、寄ってみては?

img_5604

 

 

 

おわり。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

 

 

-ニュージーランド