ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

日本

四季を感じる日本人の遊び方

2016/09/25

 

日本の好きな所を上げ始めたらキリがない。

日本を出たからこそ分かる日本の良さ。

 

それは、四季があること。

 

 

 

四季があるからこそ思い出す想い出もある。

 

四季があるからこそ過ぎ去って行く日々を振り返る事が出来る。

 

なんてステキな国に生まれたんだろう。

ありがとう。日本。

 

日本に生まれて良かったなんて日本を出るまでは思いもしなかった。

というより、比較対象が他に無いから良く分からなかった。

 

 

もちろん、外部から色んな情報は入ってくる。

テレビ、ラジオ、インターネット、新聞、etc.... 他国と比較する事は簡単に出来る。

 

でも、その情報を見たり聞いたりしては、日本に生まれて良かったなー。なんて思う事はなんとなくあっても、リアルに肌で感じる様な事は無かった。

 

 

今回、僕が日本に帰国したのは10月から12月の2ヶ月間。

丁度、夏と冬の間でもある秋だった。

 

 

そんな一時帰国中に、前から1度は行ってみようと思っていたものの未だに1度も訪れていない場所を思い出し急遽行く事にした。

 

 

 

それが、ココ『九年庵』

img_2714

img_2719

img_2724

img_2726

img_2728

img_2732

img_2736

img_2739

 

 

 

 

この場所は、佐賀県神埼市神埼町的仁比山にある数寄屋造りの邸宅および日本庭園。

仁比山護国寺三十六坊の塔頭・不動院と子院・仁比山地蔵院跡に実業家伊丹弥太郎が明治25年に建てた別邸。

久留米の作庭家である誓行寺の阿(ほとり)和尚が9年かけて築庭したことからこの名で呼ばれている。

 

 

昔の日本人の感覚は本当に素晴らしい。

四季を楽しむために家を工夫して造っている。

 

 

僕は別に建築の知識があるわけでもない。

でも、その場所を訪れるだけで昔の人が拘りを持って、造った事を感じる事が出来る。

 

 

日本には、本当にたくさんの季節を感じる物が溢れている。

別に特別な場所に行く必要なんてない。

 

近所をウロウロと散歩するだけでもいい。

 

旬の食べ物をスーパーで購入して食べるだけでもいい。

 

お花屋さんを覗くだけでもいい。

 

 

毎日、毎日、同じ事を繰り返す日常にちょっとしたスパイスを与えるだけで楽しみが増える様な気がする。

 

日本に居るなら是非とも季節を感じながら過ごして欲しい。

昔の日本人がしていたように。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

-日本