ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

マオリ族が聖地と崇める山、マウントヒクランギ

2016/12/06

 

どの国にも聖地と呼ばれる場所がある。
アニメオタクの聖地は秋葉原であり、高校野球の聖地は甲子園であり、ニューハーフの聖地はタイである。

そして、ここニュージーランドの先住民であるマオリ族の聖地がマウントヒクランギである。

今日は、そんなマオリ族の聖地へと行って来たお話。

 

インターネットでこの場所を見つけた時は、ここを管轄しているオフィスに事前に申請して下さい。という事だったので、オフィスに行って申請しましたが申請が必要な人は、どうやら山小屋を利用して宿泊する人だけのようでした。

 

そのオフィスで、行き方や説明書きが書かれたプリントを受け取り、説明書きに書かれた通りにこの場所を目指すが見つからず....

説明書には、この『PAKIHIROA STATION』まで行けば分かる!みたいに書かれていたんですけど、二手の別れ道になっていてどっちに曲がって進めばいいのか分からない!

img_5356

 

 

 

左側は橋を渡って私有地に入る感じだったので、右側の道を選択して進むが、車を走らせること10分程で行き止まり....

ならば!と思い、左側を選択し、恐る恐る入るとこっち側の道が正解でした。

なんて分かりづらいんだ!ヽ(`Д´)ノプンプン

ちなみに、google mapの地図だとこの場所ですよん。

 

 

 

 

まず、この場所が非常に分かりづらい。
帰る時に気づいたんですが、『PAKIHIROA STATION』の所に無惨な状態になっている看板を発見!看板がこんな状態になっていたら分かる場所も分からないよね...

img_5357

 

 

 

でも、いざこの場所を歩き始めたら、いつものウォーキングトラックと違う事に気づいたんです。
それは、私有地である牧場のど真ん中を歩くコースになっている事なんです。

なので、ヒツジ、ウシ、馬、アヒルなどの動物達の真横を歩いていくことが出来ます。

img_5323

img_5334

img_5341

 

 

 

ヒツジやウシの数も多いので、歩いていも全く飽きない。
その上、景色もキレイだから歩くだけで清々しい気持ちになることが出来ます。

ただ、それだけの数のヒツジやウシ達がいるって事は、それだけ大量のウ○コがあるということ。なので、歩く際は足下に注意しながら歩きましょう。

じゃないと、僕みたいにウンコを踏みまくりながらトレッキングする事になります。

 

駐車場から歩き始めて2時間30分ほどで、マウントヒクランギの中腹までやってきました。

今回のウォーキングトラックは、マウントヒクランギの中腹がゴール。
なぜかと言うと、マウントヒクランギの中腹にはこんなものが建てられているんです。

img_5296

img_5302

img_5306

img_5307

img_5293

 

 

 

マオリの彫刻です。
大きい物は10メートル以上ある彫刻もあって、山の中腹にあるこの画は今まで見た事ない景色を演出していました。

もしも山小屋に泊まる事があるようであれば、夕日に照らされるマオリの彫刻や満天の星空に輝くマオリの彫刻の写真を撮るのもいいですね。

常に緩やかかな坂道を上っていくウォーキングコースなので、結構疲れます。
でも、マオリの彫刻が山の中腹にある珍しさや牧場のど真ん中を歩く事が出来るウォーキングトラックは他にはあまりないので、是非とも訪れて欲しい場所の1つです。

 

 

 

おまけの写真

・歩くだけでも眺めは最高ですよ

img_5286

img_5319

img_5325

img_5345

 

 

 

・めちゃくちゃ凄い勢いでお母さんヒツジのおっぱいに吸い付く子供ヒツジ。でもお母さんは無表情

img_5332

 

 

 

・駐車場にもヒツジ、ヒツジ、ヒツジ

img_5353

 

 

 

・なんて不細工な顔をしているんだ!お前は!!

img_5351

 

 

 

おわり。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

 

 

-ニュージーランド