ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

旅のお得情報

NZ周遊に必要なキャンプアイテムとお店をご紹介♪♪

2016/12/06

 

40日間のキャンプ生活で使ったキャンプアイテムを一挙ご紹介しちゃいます。
これからニュージーランドをキャンプスタイルで周遊する方は参考にして下さい。

 

①テント

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88

 

 

 

キャンプに欠かせないアイテムでもあるテント。
テント生活をすれば、宿泊費を節約出来るだけでなく宿泊出来る場所の幅がグーンと広がります。

ニュージーランドは、DOC(ニュージーランド自然保護省)が国内の色んな所にキャンプサイトを設けています。施設や設備は様々で、値段も設備によって変わってきます。
無料の所から$20前後と様々ですが、テントがあるだけで旅の幅が広がる事は間違いありません。

 

 

②寝袋

%e5%af%9d%e8%a2%8b

 

 

テントだけでは、安眠は出来ません。そこで必要になってくるのが寝袋です。
昼間が暑くても夜になると寒くなる事は日常茶飯事です。地域によってはビックリするくらい寒くなる事もあります。

安いものであれば数千円から購入する事も出来ます。もし、今後も寝袋を使うかもしれないのであれば、値段は高くなりますが2万円前後の寝袋を買う事をオススメします。

 

 

③ヨガマット

%e3%83%a8%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88

 

 

意外と盲点になってしまうのがコレ。
テントを張る場所は基本的に芝生の上になりますが、それでも下になにも敷かずに寝るのはキツいです。かと言って、エアーマットを購入してテントを張る度に空気を入れるのは1度や2度ならいいでしょうが、毎回だと面倒だし大変です。

そこでオススメなのがヨガマット。ちょっと厚手の物を買って、寝る時に下に敷くだけで寝心地は比べ物にならないくらい違ってきます。

安くてペラペラしたヨガマットではなく、ちょっと厚手の物を買いましょう。

 

 

④ブランケット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

何かと便利なブランケット。これは、絶対に必要なものではありません。

僕は、寝袋を使用して寝ると窮屈に感じてしまうんです。
自由に寝返りが出来なかったり、もっと大の字で寝てみたかったりと....思う所はたくさんあります。

そこで使うのがブランケットなんです。気温が低ければ、寝袋は必ず使用しますが12℃前後の気温であれば寝袋を掛け布団代わりに上から羽織ってその上にブランケットをかけて寝る事が出来ます。

もし寒くなれば、そのまま寝袋の中に入って寝ればいいだけですし、寝袋を使って窮屈になるのが嫌だ!と言う人にはオススメです。

 

 

⑤ガスコンロ

%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%ad

 

キャンプスタイルで生活をすると、自炊する事が多くなります。
DOCが管轄しているキャンプサイトはキッチンはあってもガスがない。なんて事はよくあります。そんな時に役立つのがガスコンロ。

値段もそんなに高く無いので、ガスコンロを買う際はガスも忘れずに買いましょう。

タバコを吸わない人は、マッチかライターも忘れずに♪

 

 

⑥キッチン用品

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e7%94%a8%e5%93%81

 

 

ガスコンロだけでは食事は出来ません。当たり前ですが(笑)
そこで必要になって来る物が色々とあります。
以下の物は必要最低限な物として揃えておく事をオススメします。

□フライパン
□鍋
□まな板
□包丁
□プラスチックのお皿とボウル
□カトラリー (ナイフ、フォーク、スプーン、お箸)
□マグカップ
□食器を拭くようのタオル
□洗剤とスポンジ

 

上記のキッチン用品は、宿泊するキャンプサイトによっては揃えられていない事もあります。短い期間の旅なら外食だけでもいいかもしれませんが、長期の周遊をする予定であればキッチン用品を揃えておく事をオススメします。

 

 

⑦お水

%e3%81%8a%e6%b0%b4
ニュージーランドのお水は飲めます。地域によっては美味しいお水を飲む事が出来ます。
料理をする上でも何かと使うお水を事前に用意しておきましょう。

オススメとしては、4ℓや5ℓ入のペットボトルを購入して、使い終わった後は宿をチェックアウトする前に水の補充をして次の目的地に向かう。という事を続けていけばキャンプサイトにキッチンが無く料理用の水が無くても困りませんからね。

 

 

⑧料理に必要な調味料

%e8%aa%bf%e5%91%b3%e6%96%99

 

 

調味料は、どんな料理をするのか? によって変わってくると思いますが、基本的に必要な調味料は抑えておきましょう。

油、塩、砂糖はもちろんの事、ラップやアルミホイルがあれば作り過ぎた時に次の日に保存する事も可能です。

実家に置いてある調味料などを想像してみると揃えやすいかもしれませんね。

 

細かい物を上げればキリがないので、この辺にしておきますね。
後は、自分好みの食材や調味料、便利グッズを揃えて充実した周遊の旅を実現してみて下さい。

 

最後に、上記の物を揃える上で安く取り扱っているお店をご紹介して終わりとします。

 

K mart

kmart_logo

K MartのHPはこちら。

 

The Warehouse

thewarhouse-logo

 

The WarehouseのHPはこちら。

 

この2つのお店は、衣服から台所用品・スポーツ用品まで幅広く安価な価格で取り揃えているお店です。旅を始める前に1度お店を訪れる事をオススメします。

 

 

おしまい。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

-旅のお得情報