ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

滝を優雅に泳ぐオットセイがこの世にいるなんて...

2016/10/31

 

自分が当たり前だと思っていた事が、いとも簡単に崩れる事なんて生きていたら何度も経験する事がある。

僕だってそうだ。実家ではテレビのリモコンの事を”カチャカチャ”と呼んでいた。

だから、テレビのリモコンの事は”カチャカチャ”という名前だと思い、中学生の頃に友人宅に遊びに行った時に『そこの”カチャカチャ”取ってくんない?』と言った時の友人の頭の上には?マークがピョコピョコと浮かび上がり、話が噛み合ない事を経験した事がある。

 

そんな当たり前だと思っていた、自分の中での常識が今日は変わったお話。

 

ニュージーランドの南島にあるKaikoura(カイコウラ)という港町は、ホエールウォッチングやイルカ、オットセイの海洋生物の観光に年間100万人が訪れる有名な街。

そんな街だから、ホエールウォッチングしてきました!とか、イルカと泳いできました!とかの記事かと言うと、そうではない。

 

今回、僕が訪れたのはカイコウラの街から少しだけ離れた場所でもあるこちらへ遊びに行って来た。

img_5007

 

 

 

なぜ、この場所に来たのかと言うと、オットセイが滝壷を泳いだりする姿を見る事が出来るというもだからなんです。

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

分かる。僕も最初聞いた時に、耳を疑った。
だって、オットセイは海洋生物なんだから海水じゃない淡水では生息する事が出来ないのではないかと!

で、後になって調べてみて分かったんですが、オットセイは淡水でも生息出来るらしく日本の水族館もオットセイを淡水で飼育している場所があるみたいですね。

でも、当時の僕はそんな事なんて知るはずも無く。
ワクワクしながらこの場所へと行ってきました。

 

入り口から10分ほど歩くと、小さな滝へと到着。
さっそく、オットセイがいるのか見てみると....

Σ(゚Д゚ υ) イタ!!

img_5011

img_5014

 

 

 

この日は、1匹しかいなかったんですが、多い時には10匹以上泳いでいるオットセイを見る事が出来る。

滝壺を優雅に泳ぐ姿は、見ていてとても可愛らしい。
それも、すごく近い距離で野生のオットセイを見る事が出来るので、行ってみて良かったと思える場所でした。

 

滝壺を泳ぐオットセイ。
是非とも、カイコウラを訪れた際は立ち寄って欲しい場所ですね。

 

 

 

おまけの写真

・カイコウラの浜辺から見える景色も最高にキレイ

img_5000

 

 

 

・道の標識には、オットセイ注意の標識が。

img_5004

 

 

 

・カイコウラという意味は、マオリ語でクレイフィッシュ(伊勢エビの一種)を食べるという意味。1匹$60〜$150くらいするのでお金がある人は食べてみては?
僕は値段を見て、そっとクーラーボックスを閉めました。

img_5024

 

 

 

・ニュージーランドはドライブするだけでも気持ちがいい景色を見れる。

img_5025

img_5027

img_5029

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

-ニュージーランド