ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ニュージーランド

穴場のロブロイ氷河トレッキング

 

僕の地元は佐賀県なんですが、鍋をすると言ったら基本的に水炊き鍋をするんです。
もちろん、佐賀県の人達が全員という訳ではないと思うけど、佐賀の人たちが鍋をすると言うと水炊き鍋ではないかと思う。

 

鶏肉で出汁をとり、たくさんのお野菜を入れて食べる水炊きは身体の芯から温まって、寒い時期にはピッタリの晩ご飯。そして、鍋も終盤になれば残りの汁を使って雑炊にするのもいいし、うどんやチャンポン麺を入れて〆にするもいい。

 

水炊きに限らず、鍋料理をすると1度で2度楽しめるから僕は好きなんです。

 

で、ですよ。
今回、訪れたロブロイ氷河という場所はまさに鍋料理のような場所。

ロブロイ氷河を訪れれば、1度で2度楽しめちゃうんです。

 

どういう風に楽しめるのか?
今日は、そんなロブロイ氷河の楽しみ方をお伝えしちゃいましょう。

 

まず、ロブロイ氷河というのはココにあります。

 

 

 

この場所に行く為には、1本道をひたすらと走るんだけどこの1本道というのが両サイドを牧場に挟まれた道を通って行くんです。

いくら人口よりも羊の数が多いと言われるニュージーランドであっても、両サイドを牧場に挟まれた1本道はそうそうない。

そんな道を車で走っていると、いきなり目の前から無数の白くてモフモフしたものが近づいて来た。

img_3386

 

 

 

マジで、死ぬかと思いましたよ。羊に轢かれて。

img_3390

 

 

 

羊がこんなに真剣な顔をしているのを初めて見た。
いつもは、のんびりと草をボリボリ食べてるのに、本気出すとマジで足が速いんです。

 

ココまで偶然にも羊の大脱走シーンに出くわすのは稀な事かと思いますが、この道を走るだけで牛や羊が優雅に歩いているシーンを見る事が出来る。

img_3410

img_3482

 

 

 

ただ、この場所へ行く際に気をつけて欲しいのが、この道は完璧に舗装されているわけでは無いので、4WDの車がいいと思う。

僕はセダンの車で行く事が出来たんだけど、もし前日とかに雨が降っていたりすると行けなかっただろうなと思うので、行く際は4WDで。

img_3484

img_3483

 

 

 

Wanakaの街から車で走る事1時間程度でロブロイ氷河に着きます。

img_3403

 

 

 

ロブロイ氷河は往復で3時間から3時間30分くらいで歩けるトレッキングコース。

トレッキング初心者でも歩ける様な道になっていってニュージーランドの大自然を存分に満喫しながら歩ける事間違い無しです。

img_3423

img_3430

 

 

 

そんな道を1時間30分ほど登ると、目の前に氷河が!
まさに、自然が造り出す神秘。

img_3448

img_3465

 

 

 

氷河に手が届く所まで近づく事は出来ないんだけど、こんな近くの距離感で氷河を見る事が出来て、さらにロブロイ氷河に向かう道中も牧場に挟まれた道を楽しみながら行く事が出来るこの場所はマジでオススメです。

1度で2度楽しめるロブロイ氷河トレッキング。
機会があれば是非とも行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

おまけの写真

・牛の標識(運が良ければ、牛の横断に遭遇出来るかも!)

img_3400

 

 

 

・羊の標識(羊に轢かれないように気をつけて!)

img_3394

 

 

 

・ニュージーランドと言えば、シダの葉

img_3439

 

 

 

・keaという名前の鳥。この鳥のせいでテントに穴が空いたぜ!コノヤロウー

img_3460

 

 

 

・トレッキングの道中にキレイな川もあるよ。

img_3470

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

-ニュージーランド