ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

ブラジル

サンバな生活

2017/08/08

 

とうとうこの地に辿り着いた。

サンバによるサンバのためのサンバな生活。

それを1ヶ月間も。

 

ブラジルでカーニバルと言えば、リオ・デ・ジャネイロのカーニバル。

南米三大祭りにも数えられるほどのカーニバル。

見たことはなくても、聞いたことならあるぜ!っていう人もたくさんいるはず。

 

でもね、ブラジルのカーニバルはリオ・デ・ジャネイロだけじゃない。

ココ、サルバドールのカーニバルもめちゃくちゃ面白い。

 

毎年、世界中に散らばる音楽を愛する者やサンバに触れてみたい!サンバを叩きたいっす!と溢れんばかりの熱き想いをもった奴らが集まり、朝から晩まで練習してカーニバルに出場するための集団。

 

その名も『ナタカトシア』

 

2017年もサルバドールのサンバに参加するために世界中から集まってきた。

 

僕自身、楽器が弾けるわけでもない。

中学時代に少しだけギターを頑張ったけど、1年間もしないうちにやらなくなった。

音楽は好きだけど、中学時代にギターをやらなくなってからは楽器に触れることは無くなった。

でも、心の奥底で楽器が出来たらカッコイイのに....

そんなモヤモヤした気持ちが現れては、消え、現れては、消え、を繰り返しているうちにこんな歳になった。

 

旅をしていると、音楽は国境を越え、言葉が通じなくても親しくなれるものだと感じることがたくさんある。

 

音楽をやってみたい。

サンバをやりたい!というよりは音楽に触れてみたい。

そのきっかけにサルバドールのカーニバルがなってくれたら最高だな。

そんな思いを胸に僕はやってきた。

 

音楽漬けの日々。

やったこともない太鼓を叩く日々。

今まで意識したことないリズムを体に刻むこむ。

 

手にはマメができ、夢の中でも太鼓を叩く。

他の人たちはリズムを外さないのに、自分はリズムを外す。

出来ない自分への苛立ちと敗北感。

 

朝から晩まで地下の練習場で太鼓を叩いたり、メトロノームのアプリを頼りにリズムを体に刻み込む。

そんなことを1ヶ月やり続ける。

 

時には、他のチームが路上練習している風景を見たり、

 

 

 

 

時には、サルバドールの地元チームである『Swing do Pelo』のメンバーに混じって路上練習を何度もした。

 

 

 

 

小さな小さな1歩かもしれないけど、着実に進歩している自分。

サンバにのめり込む自分がいた。

 

1日、また1日とカーニバルへのカウントダウンが近づいてくる。

まだ、まだ出来ないことだらけ。

でも、やるしかない。楽しむしかない。

 

いよいよカーニバル本番がやってきた。

 

 

つづきはこちら。

サンバでNightいけないと
 まだ見ていない方は、こちらの記事からどうぞ。  この1ヶ月間は、まさに音楽漬けの日々だった。これだけ音楽に触れ、音楽と共に生活した日はないだろ...

 

おまけの写真

・息抜きはバーベキュー。

 

 

 

 

・番犬のぶーちゃん。

 

 

 

 

・こいつが可愛いんだなー。ニキータだにゃん。

 

 

 

おしまい。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(世界一周ブログサイトへ飛びますが、決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

応援のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

-ブラジル