ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

アルゼンチン

日帰りで行くトーレス・デル・パイネ国立公園

2016/12/06

 

広大なパタゴニアにはいくつもの見所がある。気が遠くなるような時間をかけて造られた自然は見るもの全てを引き込むパワーを持っている。

今日は、パタゴニアの中でも有名なトーレス・デル・パイネ国立公園で、トレッキングを行って来たお話。

 

トーレス・デル・パイネ国立公園をトレッキングしようと思うと、日帰りのトレッキングから10日ほど使ってトレッキングするコースまで幅広くトレッキングする事が出来る。

色んなコースがある中から、今回は日帰りで行けるコースを選びました。

 

本当は、テントや寝袋をレンタルして3泊4日のトレッキングへと行くつもりだったんですが、1ヶ月先まで無料のキャンピングサイトが予約でいっぱい!だった為、色んなルートやコースを検討した結果、日帰りでのコースを選択する事になりました。

ちなみに、トーレス・デル・パイネ国立公園の地図はこんな感じです。
※(ネットから拾って来た画像)

mapapaine

 

 

 

トレッキングルートとしては、Las Torresから歩き始めてBase de Las Torresにあるビューポイントを目指すトレッキングです。

このコースは、トーレス・デル・パイネ国立公園の中で1番人気のコース。

それでは、トレッキングへと行ってみよう!

 

朝の7:30にトーレス・デル・パイネ国立公園の拠点の町となるプエルト・ナタレスのバスターミナルを出発。(バス代はプエルト・ナタレスとパイネ国立公園の往復で15,000ペソ (¥2,484)

バスに揺られる事、1時間30分。Laguna Amarga Park Entranceに到着し国立公園の入場料21,000ペソ (¥3,477)を支払い、簡単な書類を記入し、公園のルールをまとめたビデオを見たりと、30分ほどのレクチャーを受けます。

img_6325

 

 

 

と言うのも、数年前にキャンパーの火の不始末により火事が起こってしまい、2度と同じ事が起きないように!ということでのレクチャーなんです。

 

レクチャーを受けた後は、Laguna Amarga Park EntranceからLas Torresのトレッキングコースへ移動する為に、ミニバス (3,000ペソ {¥496} )へと乗り換えなければいけません。

最初に乗っていたバスでそのまま行けるやん!とか、なんで乗り換える必要があるん?!とか、言い始めたらストレスで髪の毛全部抜けちゃう恐れがありますので、ここは日本人の寛大な心のもと温かく見守ってあげましょう。

ミニバスで揺られる事、20分。ようやくBase de Las Torresへ向かうトレッキングコースへと到着。7:30にバスで町を離れて2時間30分後の10:00にようやくトレッキング開始でございます。

 

今回は、日帰りトレッキングのためダラダラとトレッキングするわけにはいかないんです。
なぜなら、Laguna Amarga Park Entrance 19:45発のプエルト・ナタレス行きバスに乗って町へと戻らないといけないからね。

 

何はともあれ、10:00にトレッキング開始。

img_6328

 

 

 

僕が訪れた11月下旬は、春から夏に変わろうとする季節。とびきり暑くもなく、とびきり寒くもない、過ごしやすい気候なので歩くテンポも軽快なリズムで歩く事が出来る。

歩いている道中は、山あり、川あり、谷あり、森あり、とトレッキングしていても飽きる事なく歩くことができる。

img_6333

img_6336

img_6340

 

 

 

ここまでは、比較的歩きやすいコースになっていたんですが、Torres caming zoneを過ぎてからの残り1時間は本当にキツかった。

ゴツゴツした大きな岩を避けながら登る道のりは厳しく、この辺りまで登ると気温も一気に冷え込んできます。

img_6349

 

 

 

でも、そんな苦しい環境を乗り越えると、ちゃんとご褒美を用意してくれていんです。
見て下さい。この美しいエメラルドグリーン色の湖と独特の形をしたトーレス・デル・パイネの山々。

DCIM107GOPRO

img_6352

img_6354

 

 

 

僕が登っている時は、ずっと雲で覆われていたトーレス・デル・パイネの山々。心の中では、このまま雲が晴れずにトーレス・デル・パイネの山々が見えないんじゃないのか?と心配しながら登っていました。

でも、僕がちょうと登頂すると同時に雲が晴れていったんです。
僕以外の人達も雲が晴れて大喜び。俺たちラッキーだぁー!なんて英語で叫んでましたから。

 

結局、10:00にトレッキングを開始してLas Torresに戻って来たのが17:30。7時間30分で往復した計算になります。

1人で歩いたので、普通の人よりは早いペースで歩いたと思います。通常このコースは片道4.5時間の道のりなので、往復9時間のコース。

正直、どんなにゆっくり登っても9時間はかからないと思いますけどね(笑)

僕が使用した7時間30分の中には、途中でお昼を食べたり、休憩したり、写真を撮ったりした時間も含まれているので、普通に歩いても8時間くらいで登り降りが出来るコースだと思います。

登られる際は、防寒具・レインコートなどをお忘れなく。山の天気はめまぐるしく変わるので。

 

さて、ちょっと話は変わるんですが、トーレス・デル・パイネ国立公園のトレッキングを通して改めて気づいた事があるんです。それは、美しい風景を写真やテレビで見るのも楽しいし、綺麗だな!と感動することもある。

でも、多少雲がかかっていようが自分の身体を酷使して登った達成感と見る景色は格別なものだということ。

こういう文章を見ると、当たり前の事を言っているように聞こえるかもしれない。
でも、当たり前のことこそ、ついついないがしろにしてしまっていたり、忘れてしまっていることってたくさんあるんじゃないでしょうか。

親のありがたみ。五体満足で過ごす日常。戦争のない平和な国で過ごせていること。
言い出したらキリが無いかもしれない。

でも、日常の中に隠されているたくさんの当たり前をこの機会に考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

当たり前のことを改めて再確認させてくれたトーレス・デル・パイネ国立公園には感謝の気持ちしかありません。

『ありがとうございました。』

僕は、心の中で深々とお辞儀をしてパイネ国立公園を後にしました。

 

 

 

おしまい。

 

 

おまけの写真

・運が良ければ、キツネのゴン太に会えるかもよ。

img_6368

 

 

 

・何気なく視線をあげてみると、そこには氷河もあるんだよ。

img_6371

 

 

 

・有料キャンプサイトへの物資運びは今でも馬を使ってるんです。

img_6381

 

 

 

・グランデ・パイネもバカでかい。

img_6391

 

 

 

・帰りのバスから見る景色も夕日に照らされた山々が美しかった。

img_6393

 

 

 

おわり。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

-アルゼンチン