ワガママライフ

一度の人生をワガママに。No Journey No Life

アルゼンチン

世界で1番危険な動物園

2016/12/06

 

世界には日本の常識から考えるとありえない事なんて日常茶飯なわけです。

そんな僕たち日本人からすると、非日常な世界が海外にはたくさんあるからこそ、海外を旅する事は刺激的でワクワクするのかもしれません。

今日は、日本では絶対にありえない事をやっている動物園へと行って来たお話。

 

誰もが1度は、家族や修学旅行などで訪れた事がある動物園。
たくさんの動物に触れる事が出来たり、普段テレビでしか見る事が出来ないような動物を生でみる事が出来たりと、子供から大人まで大人気の場所です。

しかーし!今回訪れた動物園は一味違う動物園だった。

な、な、なんと、百獣の王でもある武井荘じゃなかったライオンと一緒に写真撮影する事が出来る世界でも稀な動物園だったんです。

 

ことの真相を確かめるべく、いざ『ZOO LUJAN』へ!

首都ブエノスアイレスから地下鉄とバスを乗り継ぐ事3時間。
お目当ての動物園に到着しました。

img_5977

 

 

 

入場ゲートで400ペソ(2,800円)を支払い、動物園の中へと入って行く。

ゲートでもらった園内の地図を片手に、人だかりが出来ていたトラの檻へと向かってみるとすでに観光客達が興奮しながらトラと写真を撮っているじゃないなか!

檻の中には、トラが2匹。

1匹のトラは檻の中で、気持ちようさそうに寝ている。

img_5988

 

 

 

飼育員は寝ているトラには目も触れず、別のトラと観光客の写真を一生懸命撮っている。
1匹のトラが寝ているとは言え、トラに背を向けるなんて..... 襲われるかもしれない!という恐怖はないのだろうか....

人の慣れとは怖いものだと思ってしまう。

僕には慣れる自信なんて1ミリもありませんでしたけどね。
トラがちょっとシッポを動かしただけで、ビビリまくってましたから(笑)

img_5994

 

 

 

その他にも可愛いトラの赤ちゃんとも記念撮影♪♪

img_6007

 

 

 

もうー、めちゃくちゃカワイイ。
こういう小さいトラを見ると、ネコ科の動物って事にうなずける。

あんなカワイイのに、どうしてあんなに大きくなってしまうのか....
小さいままだったらいいのになー。

 

その他にも園内には動物園という事もあって、色々な動物がいました。
毛並みが非常に悪いアルパカ達。

img_6021

 

 

 

ビックリするくらいマヌケな顔をしているアルパカ

img_5984

 

 

 

檻の中でゴロゴロしているメスライオンたち

img_6017

 

 

 

名前も知らない鳥達。

img_6024

img_6034

 

 

 

そして、やって参りました。
百獣の王でもあるライオン先輩の元へ。

みんなライオンとの撮影を心待ちにしていたのか長蛇の列。
まさか、ライオンと撮影するために1時間も待つハメになるとは.....

でも、1時間待ったかいもあってしっかりとライオン先輩と記念撮影♪♪

img_6042

 

 

 

もちろん、その中にいたメスライオンとも記念撮影♪♪

img_6060

 

 

 

実を言うとメスライオンと写真を撮る時に、5秒間くらい目が合ったんだけど目を逸らしたら襲われるんじゃないかと思って、頑張って目を合わせ続けたのは大変だった。

飼育員がいるとは言え、ライオン達は鎖に繋がられているわけでもないので、襲われたら一貫の終わりだな....と思いながらの記念撮影でしたからね。

 

今まで色んな人や動物や景色と一緒に写真を撮ってきましたけど、人生でこんなにも緊張し、命の危険を感じながらの記念撮影は初めてでございました。

 

ココの動物園は動物と一緒に写真を撮る事をウリにしているので、他にもゾウにエサをやりながら写真を撮ったりも出来ちゃいます。

img_6072

 

 

 

でも、ゾウにエサをやると僕の腕ごとベロで持っていこうとするので、手はゾウの唾液まみれに。ゾウとの記念撮影する時は手が汚れる覚悟で臨みましょう。

img_6073

 

 

 

そして、そして!
本当は、この動物と一緒に記念撮影をしたくてこの動物園に訪れたんです。

img_6002

 

 

 

マヌケな寝顔と凄い体勢で寝ているホワイトタイガー。
でも、この日はずーーーっと寝ていてホワイトタイガーと写真を撮るチャンスはありませんでした。

うーーーん。残念。

 

とは言え、日本では絶対にありえない猛獣との記念撮影。
僕は、大満足で動物園をあとにしました。

 

写真撮影する前にも、『何が起きても責任はとりません。』みたいな契約書に署名する事もなかったし、万が一何か起きたらどうするんでしょうね。

噂によると、動物達を薬物漬けにして襲わないようにしているとかも言われていますが真相は分かりません。

動物園側の言い分としては、犬と一緒にライオンやトラ達を飼っているから彼らは自分たちの事を犬だと思っているんだとか....

 

確かに、檻の中にトラと犬。ライオンと犬。ホワイトタイガーと犬。という自然界では絶対にありえない組み合わせで気持ち良く寝てたりしている姿を見ると動物園側が言っている事も分からなくはないけども....

でも、何千年、何万年と受け継がれた本能がライオンやトラ達の血に受け継がれているのも事実ですから、いつ・どこで不測の事態が起きてもおかしくはないと思うんですけどね。

 

ブエノスアイレスに訪れた際は、是非とも寄ってみて下さい。
日本では味わえないようなスリルを体験出来る事は間違いありませんので。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

おまけの写真

・Zoo Lijanの次のバス降り場でもある『Lujan』まで行くと大聖堂を見る事が出来るよ。

img_6096

img_6099

 

 

 

・Zoo Lujanの目印はこのカワイイ道路標識

img_5978

 

 

 

おわり。

 

【世界一周プログランキングに参加中♪♪】

下記の世界一周バーナーをクリックして頂けると、ブログランキングが上がります!!!
(決してクリック詐欺ではありませんので安心して下さい(笑))

読んだよ!のクリックをして頂けると、失禁するくらい僕のモチベーションが上がります!

応援のポチっをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

※1日1回のクリックが有効です。

 

 

 

 

 

-アルゼンチン